HOME >>  資格取得 > 私のオススメの資格は宅地建物取引主任者です

私のオススメの資格は宅地建物取引主任者です

私も現に資格を取得していますが、オススメの資格として宅地建物取引主任者が挙げられます。この資格を持っていますといろいろなメリットがあります。

 

まず第一のメリットとしては、就職試験で大いに威力を発揮することです。業種的に不動産業でなくても、不動産取引が関連する業種はたくさんあります。

 

例えば、金融機関ですと担保取得・物件斡旋などで、フランチャイズチェーン業などは物件取得でこの資格や知識が大いに役立ちますので、採用時の判断でプラス要因となります。

 

第二にメリットは、金銭的メリットです。この資格保有に奨学金を授与している企業もありますので自己のレベルアップと伴にお臨時収入もいただける場合もあります。

 

第三には、自分が個人的に不動産取引をする場合でも、この資格を取得するときに得た知識を有効に活用することができます。この資格の勉強方法ですが、現在は非常にレベルの高い資格となっていますので、独学での合格は相当難しいと言われています。

 

私が独学で合格しましたのは1980年で合格率は20%程度でしたが、今現在では15~16%程度になっており、かなり難関の試験となっています。ですから、合格するには効率的に勉強する必要がありますので、外部講座を受講するのが一番です。

 

とはいっても、費用や時間面の問題もあります。時間が自由になり費用的にもゆとりがあれば資格取得の学校に通学するのが一番よろしいかと思います。

 

時間にゆとりがなく費用も抑えたい場合は、通信教育を受けるのがよろしいかと思います。資格取得に必要な情報は、それらの外部講座を受講すれば、かなり詳細な情報がリアルタイムで得られます。