HOME >>  資格取得 > 手話通訳士における資格取得について

手話通訳士における資格取得について

テレビの画面の隅っこの方になんだか手を動かしている人がいるときがあります。これぞまさしく聴覚障害者のための言語、つまり手話通訳士の仕事なのです。

 

この資格取得のためになんといっても手話通訳経験が3年以上必要とされています。 3年以下でももちろん受験は可能なのですが合格することは極めて厳しいと言えます。

 

厳しいのですが聴覚障害者のために一生懸命勉強して手話通訳の技術を磨いたときに、この試験を受かったときに本当に聴覚障害者のためにこれからも頑張っていこうという気持ちも起きますし、仕事的にも内容が豊富になってくるのできっと役に立つでしょう。

 

聴覚障害者は全国にたくさんいますが手話通訳士の数はほとんどいないと言っていいくらい少ないのです。ですので一生懸命勉強してこの資格取得のために努力することは素晴らしいことだといえます。

 

なかなか取りにくい試験だとは思いますが、合格すれば聴覚障害者から本当に感謝されますのでしっかりと勉強して資格取得を目指してほしいと思います。